ボディコンディショニングスペースHOT

拠点の広島市近隣のお客様に整体院でタウトニングを行う院長が独自の視点で情報を発信

お問い合わせはこちら ご予約はこちら

ブログ

コンディショニングにおける院長独自の観点でコラムを

ストレッチに代わりタウトニングが学校の体育でも行われる未来へ

病院で勤務していた頃より、いかに慢性的な不調を根本的に回復できるか、いかに未病と言われる状態を回復・予防できるかに力を注いできた院長は、長年の研究の末「関節のズレ」という共通の根本原因に辿り着きました。そこから個人でさらなる研究を積み重ね、タウトニングによるお客様の回復と、いくつかの論文発表などの実績を積み重ねてきました。その独自の研究と観点における、コンディショニングの新しい常識を普及することの一環として、コラム記事を執筆いたします。

左腰痛と言っても症候はさまざま左腰痛ということで来られた女性会員さん。詳しく聞いてみますと、腰よりも殿部~大腿部の症候が強いようでした。痺れや痛みであれば、腰から足に影響を及ぼすことはよく…

十分な荷重できないため、階段の上りは不可能3ヶ月前から右膝外側に痛みが出現し、病院でのリハビリに通ったり、関節注射も10回以上行ったものの全く改善されず、最近では反対側の左膝にも痛みが出現した…

右回旋時に右僧帽筋上部線維に痛みが出現寝違えにより首が回らなくなり、右が向けなくなったとのこと。筋肉は伸張痛と短縮痛という運動パターンの違いによって痛みが出てくることがあります。ここに重き…

変形性膝関節症と診断され軟骨置換術をしたものの不調を抱える70代女性。激しい痛みのため歩行困難となったため、手術自体は成功し、歩行も可能となったと言えます。検査上、膝内側の軟骨が摩耗していた…

胸部の痛みはしばしば肋軟骨と誤診される。前方に転倒し、両手をついたものの胸下部を強打した90代女性。起き上がり時に痛みが再現されました。胸骨に近くでは肋軟骨という軟骨になっていまして、レント…

橈骨骨折後、1ヶ月固定後の可動域制限マウンテンバイクで走行中、段差でハンドルを取られ転倒し橈骨を骨折した70代男性。転倒時は痛みはなかったものの、気分が悪くなり、翌日病院に受診し、骨折が確認さ…

第五中足骨と立方骨との間の関節の引っ掛かり何度も履いたことのあるものの、足の大きさに対して大きいサイズの靴を履き、長距離を歩いた40代女性。朝起きて一歩目が痛みが出たり、靴の爪先をトントンと…

運動機能としてはルートからの脱線が確認されました。2ヶ月前よりしゃがむたびに膝前面に痛みがあり、30代前半の女性会員さん。痛くなりはじめは出産と重なり、それが関係して可能性は高いと思われます。…

1970年代後半を皮切りに現代に至るまで、「ストレッチ」は健康に良いと一般常識として広く日本に浸透しています。しかしながら、院長が長年研究してきた結果、ストレッチは反対に筋肉を硬直させる要因になっていることを突き止めました。それを裏付けるかのように、プロの女子スポーツ選手に話を聞いたところ、「本番前にストレッチをすると筋肉が硬くなって動かしづらくなるからやらないようにしている」と伺った体験もございます。
このように、日本ではコンディショニングに関する不適切な常識が、浸透している現実があります。近い将来はストレッチに代わってタウトニングを普及させることに強い使命を感じ、広島市のお客様にボディコンディショニングスペースHOTで施術を行ってきました。今後も整体院の経営を行いつつ、コラム記事の執筆での啓蒙活動にも力を入れてまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。